街

2種類の経営方法

土地の有効活用方法として、駐車場経営があります。駐車場経営には大きく分けて二種類あります。 一つが月極駐車場で、もうひとつがコインパーキングです。 月極駐車場の場合は、数ヶ月から数年単位で特定の人に貸して、そこから毎月の賃料をもらうことで収入となります。通常は管理会社と契約をしてその駐車場から得られる収入の数パーセントを管理会社に納める駐車場経営です。 これに対してコインパーキングは、不特定多数の人に時間単位で場所を貸して、そこから収入を得ます。コインパーキングも管理会社に売上の数パーセントを納めますが、駐車場経営に必要な機器などは通常管理会社がレンタルをしてくれます。ただし、土地を慣らすのは、貸し主負担の所が多いようです。

駐車場経営は、土地さえあれば、簡単に収益を上げられそうなイメージがありますが、現実はそれほど甘くは無いようです。駐車場によってはとても人気がある駐車場もありますが、全く人気がない駐車場もあります。これはマンションの賃貸借と同じでどうしても場所によって差が出てきてしまうのです。 駐車場経営で収益を上げられる場所は駅前や人通りの多いとこは当たり前ですが住宅地なのでも駐車場がなくて困っている地域もあるのです。そういった地域を事前にリサーチしておく必要があります。 実際にその土地の周りを歩いて、周りにどのくらい駐車場があるか否、商店街があるかどうか会社があるかどうか、そして周りの駐車場の空き具合などを調べるとその場所は駐車場に適しているかどうかがわかってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加